寝ている間に首の筋肉を休ませることが大切

首の筋肉は睡眠中にしっかりと休ませてあげることが必要です。
あなたは自分の頭の重さがどのくらいあるかご存知でしょうか?

人間の頭の重さは平均して体重の10%くらいだといわれています。体重60kgの人で6kgあるわけです。ちょうど2リットルのペットボトル3本分の重さということになります。この重さをバランスを取りながら首で1日中支えて活動するのですから、知らず知らずのうちに首の筋肉は相当の負担を受けています。

h

首の筋肉は普通に生活しているだけで相当の負担を受けていますが、特にデスクワークやパソコン仕事などで長時間、頭を前傾した状態で過ごす場合など、首の筋肉への負担は計り知れないものがあります。首の疲労は肩凝りや頭痛の原因にもなり得ます。

近年ではパソコン仕事、スマホの普及で首を前傾させる姿勢でいることが増えたため、ストレートネックと呼ばれる首がまっすぐに歪んだ症状が急増しています。

 首の筋肉は1日中緊張した状態にあります。あなたも電車の中などで経験があるかも知れませんが、眠気に見舞われてウトウトしていて、ガクッと首がうな垂れてしまう。あれが首の筋肉の緊張がほどけた瞬間です。

首の筋肉は常に緊張した状態で頭部を立てて支え続けているわけです。ですから、頭を支える必要のない睡眠中には首の筋肉を完全に休ませてあげることが大切なのです。

ところが、睡眠中だからといって油断できないのです。それは体に合わない枕を使っている場合です。高すぎる枕柔らかすぎる枕は首に負担をかけ、睡眠中であるにもかかわらず、知らず知らずのうちに首の筋肉を緊張させることになってしまいます。

 

日中緊張した状態で過ごしているのに睡眠中にまで緊張するようでは、首の筋肉もたまったものではありません。

 朝起きた時に、首の疲れや痛みがある方や肩こりがする方は、睡眠中に首の筋肉に負担をかけてしまっている可能性があります。

当サイトでは肩や首のコリや痛みが軽減されてラクになったという口コミが多い枕を、私が買って使ってみたレビューをしています。ご興味のある方はぜひご覧になってみて下さい。

  ⇒ 枕のレビュー評価はこちら

.

マインドガードDX粒タイプ

プラシーボ効果

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする