低反発枕が合わない人は、高反発枕を試してみては?

低反発枕は頭の形に合わせてゆっくりと沈み込むのが特徴です。

低反発の枕は、合う人と合わない人がいると思います。私も以前使っていたことがあり、3つほど買い換えたりもしましたが今は使っていません。どちらかというと合わない方だったと思います。合う合わないは人それぞれで好みの問題だと思います。

私が低反発枕の好きでなかった点を挙げるとすれば以下の3つです。

冬にカチカチに硬くなるところ。

夏は蒸れて暑いし、柔らかくなり過ぎる

においが気になった。

① については、最初に買ったのは夏だったのでしばらくの間気づきませんでした。
秋になり段々と気温が下がってくると枕が硬くなってきたんですが、冬はもうカッチカチに硬くなりました。寝始めには硬いんですが、大分時間が経つと頭と顔の温度が伝わって段々と柔らかくなってきます。とにかく寝始めはメチャクチャ硬くて寝辛かったです。

② 低反発の素材は気温で硬さが思いっきり変わるので、夏はかなり柔らかい状態で、寝るとさらに柔らかくなります。それに夏は蒸れて暑くなります。低反発マットも併用していたのですが、暑くてかなり寝苦しかったです。

とにかく低反発は、夏と冬では硬さにビックリするぐらい違いがあります。
夏場に熱くなる原因は、通気性が悪いために熱がこもってしまうからだそうです。健康のためには「頭寒足熱」が良いと昔から言われていますが、その観点から言えば、枕に熱がこもることは良いとは言えませんね。

③ の臭いは、物によって差がありますが、素材の独特の臭いがあります。ネム朗は気になったので枕カバーを2重にして使っていました。

その他、一般的な意見ではこのようなものがあります。

●柔らかいので頭が沈んでしまい寝返りがしにくい状態になる

●通気性が悪く湿気が溜まりやすい。

●夏場は蒸れて暑いので、睡眠中のエアコンの稼働率が上がる。

●枕が沈んでくるので、横向きで寝ると高さが合わず肩や腕が痛くなってしまう

●寝汗をよくかくので、プツプツとカビが発生してしまった。

●頚椎(首)ヘルニアで病院に行ったら、医師に低反発枕は使うなと言われた。

私個人の意見としては、やはり何といっても四季を通して同じ柔らかさが得られないというのは致命的だと思います。

枕2

マイナスの意見ばかりあげましたが、

●どんな枕でも落ち着いて眠れたことがなかったのに、低反発枕にしたら一発で落ち着きました。

●低反発枕を使ってから肩こりと頭痛とが治りました。

●寝心地がよくて毎日熟睡できる。

などの良い意見もあります。やはり合う合わないは個人差のようです。

低反発枕の購入をお考えの方は、一度お店で感触を確かめてみるといいと思います。硬さも柔らかいものから硬めのものまでバリエーションがあるので、好みのものを選ぶといいでしょう。

低反発とは対照的な枕が高反発枕です。高反発枕は弾力が強く首や肩をしっかりと支えてくれるので、首や肩に疲れや痛みのある場合には低反発より相性のいい場合が多いです。

低反発枕を使ったけど自分に合わないという方は、高反発枕を試してみてはいかがでしょう?


>>当サイトおすすめの高反発枕はこちら
.

>>私が実際に使った安眠枕の感想はこちら

プラシーボ効果

.