枕が原因で腰痛になることがある?

枕が合っていないことが原因で、首や肩が痛くなることはよく起こることですが、枕が腰痛の原因になるということもあるのでしょうか?

腰痛の原因に思い当たるふしが無く、色々と探ってみたら枕が原因だったということは、実は度々あるようです。

私の今までの経験から言っても、枕の微妙な高さが合わず、腰にピリッと痛みを感じたことが何度かあります。自分に合った枕の高さの感覚というのは、思いのほかデリケートであったりしますよね。

背骨

私の経験では、高すぎる枕でうつ伏せ気味で寝た時に、腰にピリッと嫌な痛みがきました。

人間の背骨は首(頚椎)から 腰(腰椎)までS字のカーブで、背骨全体が一種のバネのように働き、絶妙のバランスと強さが維持されています。

高すぎる枕で長時間寝ることで頚椎に負担がかかり、背骨に歪みが生じて、それが腰椎に伝わり負担がかかって腰痛の原因となります。

それに通じますが、枕なしで仰向けに寝る姿勢というのは、首にストレスがかからず、腰痛の予防になるという説もあります。

それと、同じ姿勢でいることを解消する寝返りは、腰痛の予防に効果的です。

私自身の経験から言うと、腰痛気味のときは横向きで寝るのが腰には楽です。既に腰痛になってしまった人や腰痛の予防としても、背骨への負担が軽い横向き寝が良いようです。

なかなか原因が思い当たらない腰痛の症状があるときは、1度枕を疑ってみてもいいかも知れませんね。

簡単ですがまとめとしては、
・高すぎる枕は腰痛の原因になりやすい。
・寝返りをしやすい枕は腰痛の予防に効果的。
・腰痛の時、また腰痛予防には横向きで眠ることがよい。

ということになります。
.

⇒ 管理人ネム朗が試した健康枕のレビュー評価はこちら

⇒ 腰痛予防・腰痛改善に効果のある高反発マットレスの詳細はこちら


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント