ストレートネックは枕で改善できる?

頚椎人の首の骨は頚椎といい、背骨と同様に衝撃を吸収するために本来は自然なカーブがついています。

ところが、慢性的なうつむき姿勢を取ることにより、首の骨のカーブが失われてきてしまいます。このように首の骨が真っ直ぐになったり、首のカーブが少ない状態になる事をストレートネックといいます
.
長時間、前かがみやうつむき姿勢を続けている生活習慣のある方は、ストレートネックになりやすい傾向にあります。ストレートネックになる代表的な原因としては、デスクワークパソコン作業などがあります。

ストレートネックは、デスクワークやパソコン作業、スマホ、ゲームなどが普及した近年特有のいわゆる現代病といわれれています。私も仕事は机の上での作業とパソコンを使うので、決して他人事ではありません。

最近ではスマートフォンの爆発的普及により、特に若い女性を中心にストレートネックの症状がが急増しています。ストレートネックは「スマホ首」などとも言われたりします。

男性に比べ首が細く筋肉の弱い女性の方がよりリスクが高いようです。

●ストレートネックになりやすいタイプ

・事務、パソコンなどのデスクワークをしている。

・携帯ゲームやテレビゲームが好き。

・座って長時間の作業や読書をする。

・猫背の人
ストレートネック

.

●ストレートネックによって起こる症状

ストレートネックに伴う症状には、肩や首の痛み、こり、腕のしびれやだるさ、上が向き難い、頭痛、頭重感、めまい、耳鳴り、脱力感、吐き気、などがあります。

.
●ストレートネックを改善する為には

ストレートネックの改善法としては、通院による首のけん引や整体、専用の枕を使う方法などがありますが、ここでは自宅で簡単にできる改善法をご紹介します。

1.バスタオルを使った簡単な運動

①仰向けの状態で首の下にバスタオルを1,2枚丸めて入れます。ポイントとしては、頭が少し浮くような状態を作る事です。
②この状態で顔を左右にゆっくり、大きく、10~20回振ります。
ストレートネック改善法

2.ストレートネックを緩和させるストレッチ

① 背筋を伸ばして正面を向き、あごを引く。

② あごを引いたまま、両手であご先をつまみ、頭ごと動かすようにあごを後ろへ押します(ポイント:頚椎を後ろへ押し込むようにする)。

③ 手を離し、押した首の位置を保ちながら、天井を見るように首を上へ上げ、5秒間キープします。

これを毎日トイレに入った時など、習慣的に行うようにすると良いです。

3.ストレートネック改善のために作られた専用枕を使う

寝ながらストレートネックを徐々に改善していくために研究開発された、ストレートネック改善用の枕があります。こうした枕を上に紹介したストレッチ等と合わせて使えばより効果的です。下に効果の高いストレートネック改善用の枕をあげておきますのでよろしければご参考下さい。

.

満足度93%のストレートネック解消枕はこちら>>
.

女性専用のストレートネック改善枕はこちら>>
.

.

私が実際に寝てみた安眠枕のレビューはこちら>>