枕カバーが汚いとニキビや抜け毛の原因になる

.
あなたは枕カバーを何日に一回くらい洗濯していますか?

枕カバーの洗濯って意外と忘れ勝ちになってる人が多いようです。思い出した時に洗うとか、もしかしたら一度も洗ったことがないなんて人もいるかも知れませんね。。

実は、枕って人が思っているよりもずっと汚れているものなんです。一日の3分の1~4分の1もの時間、頭部の重さを乗せ密着させて過ごす物ですから、実際のところ肌着のように毎日洗濯するぐらいでもいいかも知れません。

私は週末に洗うと決めているので今のところ週1ペースですが、肌着に置き換えて考えてみると週に1回の洗濯では少ないかも知れませんね。

汚い枕カバーを使い続けると、顔肌や頭皮に悪影響

睡眠中に顔や頭皮から出る汗や脂、知らぬ間に付くヨダレ、肌ケア製品や化粧品など・・・枕には毎日のこうした汚れが染み込んでいます。

夜髪を洗わない朝シャンが習慣の人はそれらの汚れ以外にも、日中に付着した排気ガスやホコリなども加えて枕に染み込んで汚れます。

よだれ

長い日数洗っていない枕には、見た目には分からない雑菌やダニ類が繁殖している状態です。枕に染み込んだ雑菌やダニは、肌荒れニキビ吹き出物の原因になります

ニキビや肌荒れが気になる、治りにくい、という場合は枕カバーはできるだけ小まめに洗ってきれいな枕で寝るようにすることをおすすめします。。

枕の雑菌やダニは肌荒れやニキビだけではなく、薄毛の原因にもなります。

人の顔などに寄生するダニを顔ダニといい、頭皮や顔の余分な皮脂を食べているという点ではありがたい存在なのですが、その数が増え過ぎると死骸や排泄物によって毛穴がつまり、ニキビ、肌荒れ、フケ、痒み、炎症など原因になります。

.顔ダニ
.実はこの顔ダニ、髪の毛根の栄養を吸い取ってしまうことから抜け毛・薄毛の原因になることが分かっています。

ダニは枕を不潔にしておくことでさらに増殖するので、抜け毛や薄毛が気になる人もきれいな枕を使うことは大切なんですね。

管理人ネム朗が使った健康枕のレビュー評価はコチラ⇒ 

防ダニ・抗菌・防臭の枕カバーならコチラ⇒

.

にほんブログ村 健康ブログ 健康グッズへ

サーバーリソース

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする